ご挨拶

下部消化管グループは大腸・肛門・小腸の疾患の中で主に外科手術の対象になるものを専門にしています。

対象とする疾患は

  • 大腸癌が最も多く、トップレベルの診断・治療を提供しています。
  • 潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患(IBD)、リンパ腫、肉腫、消化管間葉系腫瘍 (gastrointestinal stromal tumour (GIST))、カルチノイド、憩室炎など、多岐にわたる腸疾患の治療に携わっています。
  • 痔核、痔瘻、裂肛などの肛門疾患や直腸脱なども積極的に治療しています。
  • イレウス(腸閉塞)、腸穿孔などによる緊急手術が多いのも特徴です。
  • 虫垂炎やヘルニアも診療します。

当センターならではの強みを最大限に活用して日々の治療にあたっています。

当センターの強み

センターの強み
医療機関の方へ EIGO SHINRYOU DEKIMASU.